質問:
レース中、どのくらいの頻度で水を飲むべきですか?
Kevin
2012-02-11 02:42:24 UTC
view on stackexchange narkive permalink

私は多くのレースを行ってきましたが、ほとんどの場合、多くの給水所があります。私は通常、短いレースで水を求めて立ち止まることはありませんが、どのくらいの期間それを行うべきかわかりません-いつ水を飲み始めるべきですか?どれくらい、そして頻繁に飲むべきですか?

四 答え:
#1
+9
Mike Hedman
2012-02-11 22:42:01 UTC
view on stackexchange narkive permalink

レース時の水分補給には多くの変数があり、長いレースではすべてを考慮する必要があります。これは10kよりも長いと言えます。

  • コースの難しさ(丘、向かい風、高度)
  • 温度と湿度
  • そしてそれらの気象条件への順応
  • あなたの努力、これはやや両刃の剣です:速く走ると速く走り、遅く走り、そこに長くいる。そして多くの場合、早いフィニッシャーよりも暖かい時間帯に出かけるだろう。
  • あなたの体:みんなさまざまな量の汗をかきます。 1/2マラソンではあまり飲まない人もいれば、1リットル以上飲む人もいます。
  • 長いレースの場合、栄養摂取量によって水分成分も追加されます。体が栄養を消化するには水が必要です。 。
  • レース前の水分補給:4時間以上のレースのレーサーが、レースに至るまでの数日間に電解質と水分補給を調整することは珍しくありません。

まず、レースにできるだけ近い環境で汗テストを行い、一般的に必要なものをよく理解してから、他の変数を検討します。

最後にレースでは、「おやおや、飲み過ぎた」という人の声はほとんど聞こえませんが、マラソンの後に医療テントを通り過ぎると、水分補給をもっと真剣に受け止めたいと願う人がたくさんいます。

たくさん飲むことができます。低ナトリウム血症を参照してください。この形態の低ナトリウム血症、または低ナトリウムは、運動中の水分過剰が体内のナトリウムレベルを希釈するときに引き起こされます。最も深刻なケースで考えられる結果:発作やその他の生命を脅かす合併症につながる可能性のある脳浮腫。これにより、低ナトリウム血症は間違いなく、あなたとあなたの仲間が直面するマラソン関連の最も重要な健康上のリスクになります。
[最近の調査はたくさんあります](http://bjsm.bmj.com/content/early/2013/09/20/bjsports-2013-092417.abstract)は、飲みすぎを*できる*ことを示唆しています。 @solomongabyが指摘しているように、低ナトリウム血症で医療テントに送られた場合を除いて、人々が「ああ、飲みすぎた」と言うのを聞くでしょう。
脳の低ナトリウム血症は大きな懸念事項であるため、単に羽ばたくだけでなく、発汗テストを行うことをお勧めします。私はそれを好転させると思います-運動イベントにおける低ナトリウム血症の問題は、摂取した電解質の量に関連して、水を飲みすぎないことです。とはいえ、ここでは2つのことが関係しています...飲み過ぎた人の数は、長いレースで飲み過ぎた人の数よりも圧倒的に少ないと思います。しかし、よく考えておくと、電解質を気にせずに飲みすぎると、生命を脅かす状況につながる可能性があります。
#2
+7
Gabriel Solomon
2012-02-11 02:54:47 UTC
view on stackexchange narkive permalink

人種や天候にもよりますが、マラソンではほぼすべての駅に立ち寄り、コップ一杯の水を飲んで飲みます。時々少しずつ水分補給する方が良いでしょう。

少し練習すれば、ランニング中に飲む方法を学ぶこともできるので、駅で多くの時間を失うことはありません。

#3
+7
corsiKa
2012-02-11 03:23:41 UTC
view on stackexchange narkive permalink

理想的には、小さなストローがあなたの周りを追いかけ、水分補給が絶えず滴る可能性があります。すべての給水所でカップを取り、数口飲んでください。それらがどれだけ離れているかに応じて、最後のステーションから4分ごとに1オンスの水を目指して、多かれ少なかれ飲みたいと思うでしょう。これは正確な計算ではありませんが、開始するのに適した場所です。

これにより、ほぼ毎回水が残ります。私は個人的に残りの水を使って冷やし、顔をスプラッシュして警戒を怠りません。ゲータレードでない限り、おそらくあなたの顔にはそれほど気分が良くないでしょう:)

#4
+2
pjmorse
2012-11-21 18:16:37 UTC
view on stackexchange narkive permalink

これよりもはるかに簡単です。マラソンの医師は、低ナトリウム血症のリスクを念頭に置いて、ここ数年、次のことを推奨しています。

喉が渇いたら、飲んでください。

引用:

さらに、国際マラソン医療ディレクター協会(IMMDA)からのこの2001年の声明は、次のように結論付けています。

「したがって、おそらく最も賢明なアドバイスは次のとおりです。マラソンレースでアスリートに提供できるのは、自由に飲んで狙うことです。 1時間あたり約800mlを超えない摂取率の場合。」

喉が渇いたときに体が「教えて」くれないために脱水症状を起こす人もいます(ランナーもカジュアルも同様)。したがって、私たちの中には、それほど単純ではない人もいます。あなたが話すこれらの「マラソンドクター」は誰ですか?


このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 3.0ライセンスに感謝します。
Loading...