質問:
スキー中の持久力を向上させるにはどうすればよいですか?
Dynamo
2012-02-09 21:30:49 UTC
view on stackexchange narkive permalink

スキー旅行に行くときは、通常、少なくとも2日続けて行くのが好きです。 2日目の正午ごろに出くわした問題は、足がほとんど撃たれていることです。

少なくとも2日間は、かなり激しいスキーを、疲れを知らずにできるようにしたいと思っています。 2日目の終わりまでに疲労感。ゲレンデに出たときの持久力を向上させるために集中できるエクササイズはありますか?

もっとスキー!体調を整えて丸一日スキーをする準備ができるまで、12〜15日かかるように感じます。
二 答え:
#1
+9
JW8
2012-02-09 23:16:38 UTC
view on stackexchange narkive permalink

スキーには、特に数日間の遠足では、かなりの強さと持久力が必要です。このサイトが提案する1つの推奨される運動プログラムには、次のものがあります。

  • 毎週3〜5日間のお気に入りのアクティビティ。スキーに最適なのは、ランニング、ステアマスター、ステップエアロビクス、エリプティカルトレーナー、ローラーブレードです。
  • 20〜45分続くさまざまな強度のさまざまなトレーニング。
  • 長くて遅い1回毎週60分以上のトレーニングを行い、長時間のスキーで足と肺を整えます。

別のページには、特定のエクササイズへのリンクがいくつか記載されています。改善するには:

  • 筋力
  • 爆発力
  • 柔軟性
  • 持久力

要約すると、建物の強度と持久力は、雪への旅行を楽しむのに役立ちます。お楽しみください!

足が痛い/筋肉が疲れるだけで、必ずしも息切れするわけではない人に最適なのはどれですか?
@user2813274あなたの体は長時間続く重い作業負荷に適応する必要があるので、私は定期的に長いトレーニングを提案します。これは多くの場合、長距離ランナーがそれを行う時間です。脚と肺(または体のどの部分も十分にフィットしていない)が必要な仕事の量に対処することを学ぶように長距離を走ることによって。これは(レース時よりも)遅いペースで行うことができますが、それでもレースと同じ状況、または何日ものスキーをシミュレートします。
#2
  0
simmer
2016-10-14 07:57:35 UTC
view on stackexchange narkive permalink

エキセントリックな脚のエクササイズ(動きの吸収/下降コンポーネントに焦点を当てる)は大きな助けになります。 http://www.backcountry.com/explore/train-eccentric-leg-strength-for-alpine-skiingは、素晴らしいトレーニングのペアを提案しています:

ミニレッグブラスター

10xエアスクワット

5xインプレースランジ(各レッグ5x、合計10x)

5xジャンピングランジ(各脚の5倍、合計10倍)

5xジャンプスクワット

フルレッグブラスター

20xエアスクワット

10xインプレースランジ(各レッグ10x、合計20x)

10xジャンピングランジ(各レッグ10x、合計20x)

10xジャンプスクワット


最大5倍のフルレッグブラスターを使用し、ドライランドスキートレーニングの各作業の間に30秒の休憩を取ります。注意してください。レッグブラスターは、エキセントリックな脚の強さをトレーニングし、ひどく痛む可能性があるため、最後から始めないでください。

代わりに、レッグブラスターを週に3回実行し、トレーニングセッションの間に少なくとも1日休憩します。シーズン開始の4週間前。これは、合計12回のトレーニングセッションを意味します。

進行状況は次のとおりです。


セッション1-2

10xミニレッグブラスター、作業の合間に30秒休憩

セッション3-4

フルレッグブラスターを2回、次にミニレッグブラスターを6回、作業の合間に30秒休憩

セッション5〜7

フルレッグブラスター3個、ミニレッグブラスター4個、作業間隔30秒

セッション8〜10

フルレッグブラスター4個、ミニレッグブラスター2個、作業の合間に30秒休憩

セッション11〜12

5xフルレッグブラスター、作業の合間に30秒休憩

その記事には、フルレッグブラスターセットを示すビデオがあります。



このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 3.0ライセンスに感謝します。
Loading...