質問:
ボールハンドリングスキルに最も役立つトレーニングはどれですか?
Marcus Swope
2012-02-09 05:02:38 UTC
view on stackexchange narkive permalink

ボールを扱う能力に役立つトレーニングやトレーニングを探しています。

筋肉量を増やすのは良い考えではなく、代わりに「けいれん筋肉」に取り組むのは良い考えではないことを私は知っています。

そうは言っても、ジムで購入または見つけることができる最も伝統的なトレーニングは、筋肉の定義の作成、筋肉量の増加、または体重の減少を目的としています。私はそれには興味がありません。バスケットボールをしているときにボールを扱うのに最も役立つトレーニングに興味があります。

ボールの取り扱い」とは:

ボールをドリブル、パス、または受け取る

二 答え:
#1
+10
jamauss
2012-02-09 10:16:21 UTC
view on stackexchange narkive permalink

高校でバスケットボールをしたとき、ボールの取り扱いスキルに最も役立ったのは、絶え間ない繰り返しと筋肉の記憶から得られる感じであることがわかりました。ボールを背中の後ろ、足の間に置くのがどれだけ難しいか、どの角度であるか、ドリブル中に使用する手首の量などを正確に知ること。これらはすべて、ボールの取り扱いに役立つ重要なスキルです。

ほとんどのコーチが言うように、どちらの手でもボールを上手にドリブルできることも重要です。頭を上にしてコートを見回してドリブルできることも重要です。

ここにいくつかのドリルがあります。ボールハンドリングスキルを向上させるために練習で行っていたもの:

  1. ベースラインからフリースローラインまで、フリースローラインを越えてベースラインに戻るまでの各ステップでの脚の間(したがって、これを行いながら長方形のパスを作成します)
  2. コートの一方のサイドラインからもう一方のサイドラインに一度に2つのボールをドリブルしてから、もう一度戻します。ゆっくりと始めて、片方(または両方)のボールのコントロールを失うことなく進むことができるより速く進まないでください。
  3. 膝を少し曲げて立ち、両手の間でボールを片方から前後にドリブルします。体の片側から反対側へ-背中の後ろ。これは、前述の感触に役立ちます。
  4. バランスと重心を制御することも、優れたボールハンドリングスキルの重要な要素です。これらのドリルを行うときは、バランスに注意を払い、重心を地面に対して低く保ち、膝を曲げます。
  5. ol>
#2
+4
user1119779
2012-09-03 12:38:25 UTC
view on stackexchange narkive permalink

ボールのハンドリングを改善する最良の方法は、実際にドリブルを練習することです。反応時間を改善し、ボールの感触を改善し、さまざまな角度、スピン、速度でボールが地面からどのように外れるかを確認できるため、ボールのパスとキャッチも改善されます。面倒そうなので、ドリブルを練習するためにジムに行く人はほとんどいません。しかし、簡単なドリブルの練習ができれば、ボールをコントロールする際のニュアンスを本当に理解する時間ができます。

ここ数年、私が使用したいくつかの演習があります。それらは難易度の高い順に増加し、その順序で完了する必要があります。これらのエクササイズは最初はかなり退屈に思えるかもしれませんが、より高度なドリルの前に練習すると、ボールをより確実にコントロールできるようになり、その結果、クロスオーバー、ファーストステップドリブル、ためらいドリブルなどが改善されます...

  1. ボールをあごまでドリブルし、ボールの頂点をゆっくりと膝まで下げます。ゲームのシナリオでは、さまざまな高さでドリブルを制御できる必要があります。

  2. 上記のドリルを練習しますが、2倍の強さでドリブルします。ディフェンダーをバスケットに打ち負かそうとすると、ドリブルは劇的に速くなり、コントロールが難しくなります。ハードドリブルはこれをエミュレートし、反応時間を改善します。

  3. 上記のドリルを練習しますが、常にフープを見てください。ドリブルするときは目を離さないことが重要です。これに慣れたら、常に地面やボールを見ずにドリブルを練習する必要があります。

  4. 上記を前に進めて練習し、徐々にスピードを上げていきます。

  5. ol>

    これらの難易度を念頭に置いて、さまざまなスタイルのドリブルエクササイズに実装してみてください。

    1. 目の前のクロスオーバーは左から右へ左へ
    2. 両足の間で左足と右足を交互に前方に
    3. 左足と右足を平行に保つ両足の間
    4. 背中の後ろ左から右と背中
    5. ol>

      1つのタイプから柔軟に移行できることが重要です。別のドリブルにドリブルするので、それらを混ぜてみてください:1111222233334444、12341234など...

      最後に、ボールの高さを変えて、ボールを何度も手に持っておくようにしてください(ボールをすくう)持ち運びなし)。ドリブルの強度と速度を上げ、ドリブルをある程度習得したら、見上げて動きを取り入れ、完全に快適になるまでエクササイズを行います。



このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 3.0ライセンスに感謝します。
Loading...