質問:
上り坂を走るのは下り坂を走るより難しいですか、それとも簡単ですか?
geoffc
2012-02-10 08:24:34 UTC
view on stackexchange narkive permalink

上り坂と下り坂のどちらが難しいですか?

ユタ州ソルトレイクシティのマラソンを行ったことがありますが、下り坂がたくさんあります。私が走った年のルートは約5000フィート垂直だと思います。

下り坂のすべてのステップで大腿四頭筋が自分自身を捕まえることでどれほど傷ついたかに驚きました。

あなたが訓練したとしたらそれのために、それはそれほど悪くはないでしょう。

しかし、実際にはどちらが難しいですか?上り坂か下り坂か?

難しいとはどういう意味ですか?もっと痛い?もっと肉体的に疲れますか?足によって加えられるより多くの力?
私は知らないよ。いくつかの異なる方法で対処することは興味深いと思います。
五 答え:
#1
+25
Mike Hedman
2012-02-10 09:33:16 UTC
view on stackexchange narkive permalink

上り坂を効果的に走る方法を知っているなら、上り坂を走るのは難しいです。

下り坂を走るには、速い足が必要で、通常の歩幅よりも短くなります。特に、自分を捕まえないようにするためです。 500ポンドの石が頭に向かって落ちると考えてください。あなたはそれを捕まえようとはしません、代わりにあなたはそれを横にフリックすることを試みるべきです(そしてあなたの体を反対方向に滑らせます)。下り坂を走っているとき、これはまさに起こっていることです。巨大な石(地球)がすぐにやって来て、止められません。代わりに、足をすばやく動かすと、後ろでフリックして、体を前にスライドさせます。

これには、練習、根性、そしてさらに練習が必要です。しかし、ストライドをしすぎてかかとを叩き、重力が丘を下るのを絶えず止めようとするよりも速く、はるかに簡単です。

レースで初めてこれを試さないでください。特にトレイルレースではありません。安全のためにフットワークを学び、それを食べることから一歩離れていることに気付いたときに避けられないアドレナリンラッシュを制御する必要があるからです!!

かなり詩的な説明...
#2
+13
J. Win.
2012-02-11 04:36:01 UTC
view on stackexchange narkive permalink

何マイルも走り、上り坂を走るには、より多くの物理的な作業を行う必要があります。あなたは明らかに重力に逆らって働いています。

ただし、下り坂を走るのはいくつかの理由でより難しいと感じることがあります。

  • 速度がはるかに速い傾向があるため、体の部分への影響が大きくなります
  • フラットランナーや上り坂のランナーとは異なり、下り坂のランナーはコントロールを維持するために前方への動きに抵抗する必要があります。この「ブレーキング」の生体力学には、ダースとマイクヘドマンが述べたように、あまりよく訓練されていない筋肉が含まれます。ダウンヒルランニングに慣れていないランナーは、不適切または制御されていないテクニックを使用している可能性があります。
これは、下り坂を走ると痛みを感じる本当の理由に言及する唯一の答えです。下り坂を走るには、筋肉が「偏心」収縮を繰り返す必要があります。つまり、(上り坂を走るときのように)引っ張るのではなく、筋肉の伸展に抵抗する必要があります。この種の動き(一般的に筋肉がうまく処理できない)について十分に訓練されていない場合は、痛みを感じるでしょう。
#3
+11
Jakub Arnold
2012-02-10 16:39:04 UTC
view on stackexchange narkive permalink

上り坂を走るのは、ペースが速すぎると間違いなく早く疲れます。一方、丘がそれほど急でない場合は、平らな面を走るよりもそれほど難しくする必要はありません。

下り坂を走るのは、実際にはあなたのテクニックとどのような条件で走っているのかによって異なります。 。バランスを保つためにもっと多くのエネルギーを投入しなければならないので、道路が濡れているか滑りやすいかはまったく異なります。しかし、道路が乾燥していて、靴が良ければ、練習すればかなり簡単にできます。

通常のジョギングコースでは、この1.5 kmの長さの登山があり、かなり急です。私は丘の上に住んでいるので、最初は走り去る必要があり、トラックの終わりにそれを元に戻します。

天気の良い日に走っていれば、走ることができます。かなり速く降り、私が滑らず、基本的にまったく疲れないという自信を持っています。しかし、雨の日は、すべてのステップに細心の注意を払い、ランニングバックとほぼ同じくらい疲れます。

ランニングとの違いは、ほとんどの場合、同じであるということです。気象条件。

#4
+3
akf
2012-02-10 09:39:03 UTC
view on stackexchange narkive permalink

あなたの体は重力に抵抗するためにより多くのことをしているので、下り坂を走ることはより肉体的に厳しいです。

上り坂を疾走しようとする傾向がない限り、上り坂を走るのはそれほど難しいことではありません。実際、上り坂を走っているときに目を閉じると、平らな面を走っていることを簡単に確信できます。

私がそれを買うかどうかはわかりません-私が他の方法で彼らを説得するために何をしても、私が上り坂を走っているときは私の足と肺が知っていると確信しています...
@Zannjaminderson:同意します。丘を駆け下りるのは、そこに登った後の天国のようなものです!
重力に抵抗する限り...重力はあなたに降りて欲しいので、あなたが上り坂を走っているとき、あなたは重力に抵抗しています。それの物理学は上り坂に行くことはより多くのエネルギーを必要とすることを要求します。ひどく下り坂を走ることを選択した場合、より多くの痛みに遭遇する可能性がありますが、それは100%予防可能です。
#5
-1
Emily Engelland
2016-10-24 03:39:57 UTC
view on stackexchange narkive permalink

実際、「一定の速度」で上り坂と下り坂を行く場合、筋肉によって行われる仕事はどちらの場合も同じです。これを確認するには、片方の足で1つの階段を「非常にゆっくり」上げてから、「非常にゆっくり」下げます。下降するのと同じ量のエネルギー(仕事)を上昇に費やしました。下り坂でのランニングの違いは、ステップ間の「自由落下」が多く、関節が筋肉よりも減速する力を吸収するため、筋肉による作業が少なくなることです。

SE.sportへようこそ。あなたが書いたものについて何か参考文献を追加できますか?


このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 3.0ライセンスに感謝します。
Loading...