質問:
ランニング中の水分補給に最適なものは何ですか?
Xander
2012-02-09 15:08:27 UTC
view on stackexchange narkive permalink

私は経験の浅いランナーで、ハーフマラソンのトレーニングをしています。今まで私は最大10マイルしか走らず、水分補給の必要性を感じたことはありませんでしたが、ランニング中に水分補給する方が良いと読みました。

水分補給には何を使うべきですか、水だけですか?私は、エナジードリンクはランニング中はあまり意味がなく、ランニング後に飲む方が良いか、まったく飲まないことを読みました。そして、私はそれをどのように運ぶでしょうか?ベルトやハイドレーションパックを見たことがありますが、快適ではないようです。

関連する質問[ここ](http://sports.stackexchange.com/questions/13718/how-to-manage-hydration-in-aid-stations-during-marathon)が、エイドステーションに焦点を当てます。
四 答え:
#1
+11
FLY
2012-02-09 15:30:46 UTC
view on stackexchange narkive permalink

私自身ランナーである私は、インターバルトレーニングに最適なボトル入り飲料水を持っていました。回復するために歩いているときに飲むことができました。

最近、私は止まることなく走り始め、ボトルを家に置いて、走る前後に飲んでいます。

リンクと詳細情報:

ランニング中の水分消費量の一般的な経験則を探している場合:4〜6オンスの水分を摂取する必要がありますランニング中は20分ごとに水分を補給してください。 8分マイルより速く走っているランナーは、20分ごとに6〜8オンスを飲む必要があります。長時間のトレーニング(90分以上)中は、水分摂取量の一部に、失われたナトリウムやその他のミネラル(電解質)を置き換えるスポーツドリンク(ゲータレードなど)を含める必要があります。スポーツドリンクに含まれる炭水化物と電解質は、水分をより早く吸収するのにも役立ちます。

持ち運びに関しては、持ち運び用ベルトが不快に見えることもわかったため、以前は水筒を手に持っていました。 。

編集:2本の小さなボトルを収納できるウォーターボトルベルトを購入しました。ランニング中に大きな不快感はありません。実際、私の意見では(ベルトを使用した後)、ベルトを使用して手に持った方がよいと思います。

ベルトは習慣の問題です...私はベルトを持ってこなかったことを後悔した数回の走行をしました...後で私が実際にベルトを持ってきたことを発見しただけです...ほんの数回後にそれを説明するために走ると、ベルトのことをすっかり忘れてしまいます...
今週は一匹ずつ!今週末はロングランで、水がありませんでした。走った後、大きな頭痛がした。
#2
+9
geoffc
2012-02-09 19:55:40 UTC
view on stackexchange narkive permalink

期間については、ほとんどのポスターに同意します。

つまり、より長いランの定義が非常に個人的なものである場合、少なくとも水分補給のための水が必要です。ウォーターボトルホルダーは現在、すべての形状とサイズで提供されています。

  • ファニーパック。ボトルの上部が跳ね返る背中の小さな部分を刺激する可能性があります。
  • その痛みを和らげようとする角度の付いたボトルファニーパック。 p li>
  • ベルトに小さなボトルがたくさんある燃料ベルトとコピーキャット。

人によって異なり、水分補給の要件も異なります。

入手できます。汗をかく量の見積もり。したがって、トレーニングを開始して、新鮮で、体重を測定し、トレーニングを行い、飲酒をしないで、妥当な時間(1時間で十分です)、シャワーを浴びてから、体重を測定します。後できれいにします。

1時間のエクササイズではかなりの量を燃焼させることはできないため、発汗量を見積もることができます。 1リットルの重さは約1キロです(これがメートル法が非常に役立つ理由です)。

最悪の場合、重いセーターの場合、通常は1時間に1〜1.5リットルです。あなたがしているのが1時間か3時間だけなら、あなたは自分自身を穴に深く掘り下げることはできません。ただし、マラソンやロングコーストライアスロンなどの長いものの場合、レース中に出られないため、飲酒の前に立ち、穴に入らないことが重要です。

Iその発汗スケールの重い方の端にいて、私の最初のアイアンマンはバイクで18リットル、ランニングで8リットルを飲み、7ポンドを失いました。少し極端でした。

Geoffcは、特に汗の量をテストするために、見積もりを信頼するだけでなく、多くの良い点を示しています。体はそれぞれ異なります。また、気温や標高などによっては、汗をかくことが多くなります。1〜2時間経過したら、電解質(塩)とカロリーについても考える必要があります。はい、それがなくてもうまくいくことができますが、それがないとパフォーマンスが低下します。それより長いランニングの場合、低ナトリウム血症と呼ばれる状態である電解質を交換せずに、純粋な水だけを飲むことは危険な場合があります。これらの距離で、キャメルバックを検討してください。
@MikeHedman低ナトリウム血症は最悪です!悲しいかな、そこに行ったことがある。私は長いレースの日に汗をかくので、文字通り1時間ごとに塩の小包を食べるだけです。追いつくには1時間か2時間ごとに3gで十分です。
私も重いセーターですが、エイドステーションのように十分な塩分が得られない場合、けいれんを経験したことがありますか?エイドステーションでの飲酒をどのように計画しますか(このq [ここ](http://sports.stackexchange.com/questions/13718/how-to-manage-hydration-in-aid-stations-during-marathon)) ?あなたはそれらに頼ることができますか?どんな飲み物を使っているのか教えていただけますか?自家製のスポーツドリンク?酢、レモン、塩、砂糖、水?
#3
+4
Tonny Madsen
2012-02-09 16:15:37 UTC
view on stackexchange narkive permalink

ランニング中の何かを飲んだり食べたりすることになると、 https://fitness.stackexchange.com/questions/2834/what-should-i-eat-or-drink-に対する@baldysの回答に同意しますbefore-jogging / 2845#2845は、1〜1.5時間未満の実行には特別なことは何も必要ないことを示しています(@baldyは実際には2.5時間書き込みますが、それだけ長く実行する場合は個人的に何かが必要です)。ハーフマラソン(HM)未満の話をしている場合、私は通常、開始の15〜20分前にバナナを食べ、ランニングに出る直前に水を飲みます...そしてランニングの下で​​は少し以外に特別なことは何もありません5kmごとに水をやります。

私は時々少しお金を持ってくるので、必要だと感じたら途中でバナナを1つか2つ買うことができます...これは長い一日の後の夕方によくあります私が新鮮で世界に向けて準備ができている朝よりもオフィス...しかし、それは規則ではなく例外です。

私たちが長距離走を意味する場合HM以上の場合、ランニング中に食べるものよりも、ランニングの直前と直後の日に何を食べるかが重要だと思います。 これはここで非常によく説明されています:

活動的な筋肉の主な燃料源は、運動前の数日間にグリコーゲンとして筋肉に貯蔵される炭水化物です。グリコーゲン貯蔵を完全に満たすには時間がかかり、運動後に食べるものはこのプロセスを助けたり妨げたりする可能性があります。トレーニング後の適切なタイミングで適切な食品を食べることは、回復と次のトレーニングの準備のために不可欠です。

実行前にたくさんのパスタと白パン...すべてのもの私たちは通常避けようとします。

記事に記載されているサプリメントについては...私は実際にそれらのいずれも試していません。彼らが提供できるものが本当にわからないので、そうではありません。すでにさまざまな果物、特に炭水化物とカリウムに含まれています。

[F&Nから採用: https://fitness.stackexchange.com/a/4208/1664]

あなたは(HMで)5kmごとに少し水を飲むと言います。どのようにそれを運びますか?
夕方はどこでバナナを買いますか?
@Xander長時間のランニング(HM +)では、ベルトに水(約600ml)を入れます。キャメルバックも見てきましたが、まだ決めていません。
@scubaFLY CPHの周りにはたくさんのキオスクとタンクステーションがあり、遅くまで開いていて、あらゆる種類の果物を運んでいます。
@TonnyMadsenありがとう!私は田舎に住んでいます、バナナを買うことは私にとって本当に選択肢ではありません:)。私もベルトをもらえると思います!
#4
+3
Rafael Emshoff
2013-03-18 02:12:20 UTC
view on stackexchange narkive permalink

温度の重要性を強調したいと思います。これは、特に夏の間トレーニングしている場合は、geoffcの回答に対するMikeHedmanのコメントでのみ言及されていました。

ストーリー:これまでのところ、最長のトレーニングラン(HMプラン)として27 kmを走り、飲み物なしで管理しました。私は通常、その必要性を感じません。後日、計画は18kmでしたが、30°C(86°F?)に近づいていたので、まったく準備ができていませんでした。最初の10kmは大丈夫だったが、その後、長くて簡単な上り坂でアウトプットを落としただけで、その後は元に戻せなかった。家に帰るとき、私は1リットル(1/3ガロン?)の水を飲みました。翌日、消化器系が反乱を起こし、回復して再び正常に食事ができるようになるまでに2週間かかりました。実行スケジュールが台無しになったのは言うまでもありません。

回答:それ以来、私は常に> 24°C(75°F)と> 10kmの水(飲みバックパック)を運んでいますが、それでもいつ飲みたいか、いつ飲みたくないかは体に頼っています。 t、私は水の明確な必要性を待つのではなく、喉の渇きのヒントを一口飲む傾向があります。

食物/電解質などの摂取量については他の情報源を参照してください。しかし、私はしていません。トレーニングでHM距離にこれを使用する人に会いました。私が参加するレースは通常、5kmごとに食べ物/飲み物を提供します。 5kmと15kmで少しかかります。



このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 3.0ライセンスに感謝します。
Loading...