質問:
ファウルボールが3回目のストライクとしてカウントされないのはなぜですか?
Fillet
2012-02-10 00:18:14 UTC
view on stackexchange narkive permalink

ファウルボールのウィキペディアエントリ

打者のストライキが2回未満の場合、打者にストライキが発行されます...ただし、ストライキはカウントに関係なく、バッターがファウルボールを打つたびにピッチャーに記録されます。

バッターがすでに2回ストライクをしているときにファウルボールを打った場合、バッターが打たれないのはなぜですか。この状況が、ストライキが0回または1回の場合と異なるのはなぜですか?

五 答え:
#1
+27
wax eagle
2012-02-10 00:34:15 UTC
view on stackexchange narkive permalink

これは主に、打席でボールをプレーして終了するように促すためです。打者がボールを場に出すことができるとき、野球は最もエキサイティングです。それはまた、バッターがしっかりと接触して「生き続ける」ことができないピッチをファウルし続けることができるというわずかな利点を与える。これは、ボールがどこに向かっているのか、ボールがどれだけ速く進んでいるのか、どのようなピッチが投げられているのかを知るというピッチャーの競争上の優位性のバランスを取ります。

0と1のストライクでは、ファウルルールのストライクが存在し、カウントし、ゲームをスピードアップします。この場合、カウントを進めることはドラマを追加するのに役立ち、バッターが結果なしに長い一連のファウルオフに従事するのを防ぎます。

ただし、ファウルボールがアウトになる可能性がある3つの状況があります。

  • 2回のストライクでは、ファウルバントの試みは三振になります。
  • 2回のストライクでは、キャッチャーがファウルチップをキャッチすると三振になります。
  • いかなる場合でも、野手がファウルして捕手したボールはファウルアウトです。

基本的に、スポーツでの競争をますます促進するためのルールが存在します。

#2
+21
Robert Cartaino
2012-02-10 00:49:49 UTC
view on stackexchange narkive permalink

申し訳ありませんが、これについての参照はありませんが、ゲーム理論でこれを研究しました。等しい対戦相手の結果を統計的に一致させます。

任意の2つに一致する場合完全に同等のスキルを持つ対戦相手の場合、コンテストは膠着状態を終わらせる必要があります(つまり、ルールがお互いに有利になるべきではありません)。

野球では、仮想的に「完璧な」投手がすべてのピッチを投げることができる場合ストライクゾーンの外側のコーナーでは、プレー中にボールを打つことは非常に困難です。最高の打者でさえ、その完全に一致したコンテストでは統計的に不利です。だから、彼らはバッターがエンゲージメントを維持するためにバウンドでボールを打つ必要がないようにします-彼らは呼び出されないようにボールと接触するだけで済みます。

その「再試行するのに十分な」ルールは、不均衡なルールのために一方のプレーヤーを他方よりも不注意に有利にすることなく、競争をより良いバランスに保ちます。

ええ、真空中の完全に球形のピッチャーの場合:)。
#3
+12
JW8
2012-02-10 00:38:13 UTC
view on stackexchange narkive permalink

MLBの公式野球規則は規則10.15に次のように述べています。

10.15三振三振は、審判がコールしたときに投手にクレジットされ、打者に請求される統計です。この規則10.15に規定されているように、打者に対する3回の三振。 (a)公式記録員は、打者が次の場合は常に三振を記録するものとします。

  1. キャッチャーがキャッチした3回目のストライクによって三振が出された場合。
  2. 2人が出る前に、最初にランナーがいるときにキャッチされなかった3回目のストライキによって出されます。
  3. 3回目のストライキがキャッチされないため、ランナーになります。または
  4. 3回目のストライクでファウルをバントした場合、そのようなバントがいずれかの野手にファウルフライを捕らえた場合を除きます。刺殺で飛ぶ。
  5. ol>

一般的に、どの打席でも、ピッチャーはすでに打者よりも有利です。平均して、打者は40%未満の確率で成功します。メジャーリーグレベルで。ワックスイーグルが指摘しているように、このルールは打者に生き続けるための小さな利点を与えます。

#4
+4
Tom Au
2014-06-11 02:24:25 UTC
view on stackexchange narkive permalink

ファウルボールは、「ストライク」(トータルミス)と「フェアボール」(場に出るボール)の中間の結果です。論理的には、ファウルボールはストライクとフェアボールの中間の方法でスコアリングする必要があります。

これを行う1つの方法は、ファウルボールの「ハーフ」ストライクをカウントすることです。

同等で公平な結果を達成する別の方法は、打席の最初の2つのファウルボールをストライクとして与えることです。ピッチャーに、残りのものはバッターへの「フリー」ショットとして。実際には、ファウルボールの約半分がストライクとしてカウントされ、約半分(2番目のボールの後)はストライクとしてカウントされないことを意味します。

理論的には、「立証責任」がオンになっていることを意味します。打者は最初の2つのファウルでボールをインプレーにしますが、3回目のストライクでは、「立証責任」がピッチャーにあり、「フル」(ファウルまたは「ハーフ」ではない)ストライクを取得します。

バッターが出されていないのに、ピッチャーがファウルボールをストライクとして記録することは不公平ではありません。接触したすべてのボール(およびストライクと呼ばれる)は、ピッチャーのストライクです。これには、打者の「ストライク」になるかどうかに関係なく、ヒットまたはアウトになる「フェアボール」とファウルボールが含まれます。

#5
+2
Jeff
2016-11-04 11:06:12 UTC
view on stackexchange narkive permalink

このルールが存在する理由は、野球の初期には、プレーヤーが意図的にファウルをバントして相手のピッチャーを身に着けていたためです。この典型的な例は、シカゴホワイトストッキングの「キング」ケリー(現代のカブスの前身)です。ケリー王は、ピッチャーをすり減らし、最終的にボールを散歩に導くためにファウルをバンティングすることで悪名高い。当時、ファウルボールはストライキではありませんでした。この戦略のために野球のルールを変更しなければなりませんでした。キングケリーの詳細については、 https://en.wikipedia.org/wiki/King_Kelly

をご覧ください。
現状では、ファウルがストライキ3としてカウントされない理由を説明していないため、実際には、個別の回答としてではなく、最初の回答へのコメントの方が情報が優れていると思います。元の質問に実際に結び付けるために、それはおそらくそれ自身の答えと非常によく合います...それは確かにユニークな情報です!


このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 3.0ライセンスに感謝します。
Loading...