質問:
水泳および呼吸器感染症
Peter DeWeese
2012-02-09 05:00:44 UTC
view on stackexchange narkive permalink

これは、私と特定のアスリートに影響を与える深刻なアスレティックトレーニングの問題です。一部の水泳選手は、耳鼻咽喉科や、耳、副鼻腔、喉、肺などの呼吸器感染症にかかりやすい傾向があります。昨年、肺炎のため、4.4マイルのオープンウォータースイミングの前にトレーニングするのに7週間しかありませんでした。処理されたプールの水でさえバクテリアの媒介物になる可能性があることを考えると、スイマーは感染を防ぐために何ができるでしょうか?

ピーターに感謝します。私はプールに足を踏み入れるたびに〜二度と〜グロスアウトされます。
@glowcoder,子供がアクセスできるプールに行ったことがある場合は、他の理由が考えられます。 :)
私はフィットネス水泳について話しているのではなく、水泳のスポーツに関するトレーニングの懸念について話し合っています。よくある質問によると、これは「チームおよび個人のスポーツ活動の参加者」向けです。
これは医学的な質問であり、医師に相談する必要があります。
トレーニング中に感染を防ぎたいアスリートについて、医師に質問しますか?奇妙な提案。
@PeterDeWeese申し訳ありませんが、質問を読み間違えました。まだ医学的な質問です。ローカルプールが使用するろ過の種類を調べることができます。一部のフィルターは他のフィルターよりもバクテリアの処理に優れています(DEフィルターは砂やカートリッジフィルターよりも優れています)...オープンウォーターには役立ちませんが、それは何か
残念ながら、水泳チームは通常、プール施設を管理できません。
@PeterDeWeeseいいえ。ただし、感染の問題が常に発生している場合は、苦情を申し立てたり、施設を切り替えたりすることで、施設の変更に影響を与えることができる場合があります(おそらくあなただけではありません)。
@PeterDeWeeseは、そのような感染症のリスクを高める水泳のポイントをサポートするための研究/参考文献を見つけましたか?少し話題から外れています。しかし、Dynamoが示しているように、これはこのQを将来的にさらに良くする可能性があります。ところで、あなたはあなたの個人的な統計で私を数えることができます。 1年と3回のひどい風邪の後、スポーツのリストから水泳をやめました。
1 回答:
#1
+12
Peter DeWeese
2012-02-09 20:25:52 UTC
view on stackexchange narkive permalink

ここでコオロギが鳴いていたので、もう少し調べてみたところ、塩素自体が刺激を引き起こし、炎症を起こした副鼻腔が感染する可能性が高いことがわかりました。これは私には真実のように思えます。なぜなら、アスリートが長いオープンウォーターから感染するという話は、かなり汚れた水の中を泳ぐことはあまりないからです。耳と鼻のプラグは、圧力の均等化を妨げるため、水泳中はあまり役に立ちませんが、ダイビングや回転中に鼻から息を吐き出し、副鼻腔に塩素水が入るのを防ぐことができます。

質問に対するコメント適切な施設に関するワックスイーグルは正しいですが、水泳チームは通常、施設をほとんど制御できず、そもそもレーンスペースを縮小する競争があります。そのプレミアムで。私の地域で最高の施設は循環が良く、最も浅いところで8フィートの深さ(スイマーの数に比べて大量の水)があり、UV、オゾン、臭素の処理があり、副鼻腔や肺への刺激がはるかに少ないです。私のチームだけがそこでトレーニングした場合。

トレーニングバッグのいくつかのこと:

  • Auro Driは、外耳道を消毒して乾燥させるアルコール/グリセリン点耳薬です。
  • 単に生理食塩水は、副鼻腔の洗浄と洗浄に使用できる滅菌生理食塩水です。保護粘膜の裏地も剥がれる可能性があるため、慎重に使用する必要があります。
  • お湯でシャワーを浴び、蒸気を吸い込んで副鼻腔をきれいにします。

詳細ヒントをいただければ幸いです。

見つけた塩素情報にリンクしていただけませんか?答えとは直接関係ありませんが、同じ問題を抱えている人にとっては読む価値があるように思えます。
編集。私は運動雑誌からより信頼できる情報源を見てきましたが、今はそれらを見つけることができません。
塩水プールは内陸の塩素処理プールの効果的な代替手段であると聞きましたが、もちろん浮力の追加が問題になる可能性があります。


このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 3.0ライセンスに感謝します。
Loading...